メニュー

VDT健診

当院ではVDT健診を行っております。

VDT症候群(visual display terminals)とは、 パソコンやコンピューターを長時間見続けて作業をすること(VDT作業)で発症する病気です。
眼の症状としては、眼の痛み・眼精疲労や視力低下・ドライアイ・充血などがあげられます。 また、疲労感や倦怠感などの症状も現れます。

当院では以下の検査を行っております。

視力検査 (遠見・近見)  屈折検査  眼圧検査  調節機能検査  眼位検査  細隙灯顕微鏡検査  眼底検査

VDT健診料  5000円(税込み)

※健診にて異常が見つかった場合は保険診療となります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME